モテショートリップ&NEWアパレルご紹介!(寄稿記事)

こんにちは、O.S.Pの大塚高志です。

いやー皆さんあっという間に秋ですよ!この間シーズンイン!とか言ってたばかりなのにw

僕も試合続きで気づいたら夏終わってましたねw
結局今年も海水浴やBBQに行けませんでしたね・・・。釣りばかりの夏でしたねやっぱりw

そんな中トーナメントではTOP50の4戦まで順調に予選を通過!しかし、毎回優勝を目指して練習はするものの、中々そこに到達できないのが現状です。TOP50での優勝はそう甘くはないのは優勝経験者として理解しているのですが、やはりそこは目指して戦いたい!
現状維持はいらないのです。

新しい若いヒーローが次々に誕生する中負けてられません。だから絶えずチャンスを狙っているわけなのでこの予選突破ぐらいでは喜べないのです!それはそうとトーナメントや練習以外でも取材などで水上生活は続きます!

そんな中、千葉県の戸面原ダムに行ってきました。実は人生初の戸面原ダムでした!

なかなかサイズには恵まれないといわれるフィールドですが、バス自体は非常に素直でパターン通りの素直な釣れ方をして非常に楽しめました!中でもパワーダンクを岬の立ち木に通すパターンは大ハマリとなりこのパターンだけで1日中釣れ続けてしまうのではないかと思うほどでした!

もちろん他のルアーでも釣れましたよw
インレットのストラクチャーの中にいるバスを引っ張り出したのは「ハイピッチャーマックス3/8ozDW」です!台風の影響で全体的に濁っている中、ハイピッチャーマックスのアピール力だからこそのパワーフィッシュでした!

広大なフィールド用に思われるハイピッチャーマックスですが、狭いエリア、ましてやアベレージサイズが小さいと言われるこういったフィールドでも絶対的な必要性があるのです。ルアーはサイズではなくアピール力の大きさが大事なのです!そして同じくらいアピール力が強いと言えばディープクランク!

そうブリッツEX-DRが強い。根がかりが起こる可能性があるブッシュではハイピッチャーマックスの独壇場でしたが、風でできたカレントが当たる立ち木の深い部分をこのブリッツEX-DRを使って攻めればこの通り!

戸面原ダムではランカーと呼べる40UPをゲット!人があまりやってないパターンで釣れるバスはやっぱりでかいね!そして何より気持ちいいw

この日は濁りも考慮してカラーは「黒金Ver.T」をセレクト!僕の濁った時のお気に入りカラーです。是非皆さんも試してみてね!

そんな巻物ばかりでって声に応えてちゃんとソフトベイトでも!「ドライブSSギル」のリーダーレスダウンショットで岬周りの枝のたまっている中をフォールさせるとこの通り!

夕方になり人の減ってきたタイミングだったので一発でしたよ。シンカーは5gでスロー気味にフォールしたのも良かったかもしれませんね。濁りの影響で、濁りの取れやすいブッシュの中ではバスが浮いていることが多いのです!

今回お世話になった戸面原ダムさん!必ず予約が必要なのでちょっと敷居が高いのか?バスアングラーに厳しいのか!?なんて思われ気味ですが、ご主人はとても気さくで爽やか!何より優しくてフィールドと合わせて毎週来たくなるボート屋さんでした!

今回の釣行については、もうじき発売になる雑誌「アングリングバス」の僕の連載ページで詳しく書いてありますのでそちらもよろしくです!

そしてそのまま檜原湖へ! 1日だけホンケンことO.S.Pプロスタッフ本田君が乗ってくれました!試合についてはまた次回書きますが、プラクティスの段階ではヤマトJrが炸裂!!

え?ルアーもだけどホンケンの被っているキャップが気になるって?

そうこれはO.S.P史上初の形状を採用した小顔効果抜群のニューキャップ【ミドルフィットロゴキャップ】!カラーもフレッシュなニューアイテムだぜ!

アパレルって言えばもう一つ!

このフリース!【RVジャケット

動画でも紹介しましたが着やすくてかっこいい!何より着てて気持ち良い。この冬はこれヘビロテ決定だな!

モテショーチャンネル

使い方や便利なリバーシブルの使い分けを説明しました!と言うわけでまだまだ走り回りってます。どこかで見かけたら声かけてくださいね!

引き続き応援もよろしくです!

茂手木 祥吾

TOP50トーナメントアングラー、通称モテショー。09年JB TOP50年間6位。12年TOP50第3戦桧原湖では悲願の初優勝を決めた。今期もTOP50シリーズに参戦。2度目の頂点を狙う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。