スミス:D-コンタクト 50mm 4.5g 39 イワナレーザー 評価

総合評価

0.0 (0人)

項目別評価

慣性スライドで喰わせるヘビーシンキングミノー ●渓流のルアーフィッシングを一変させたヘビーシンキングミノー。 D-CONTACTは「慣性スライド」アクションを実現したミノーで、まさにヘビーシンキングミノーの火付け役とも言える存在です。●その”D”とは、比重18のタングステンウェイトを内蔵し、50mmは4.5g、63mmは7g、72mmは9.5gものウェイトを確保しつつも極薄のボディーフォルムが繰り出す、驚異の「ディスタンス力」・「ディープ力」・「ディレクション力」を意味します。 ●ヘビーシンキングミノー人気の火付け役でありつつも、その高い完成度は他の追随を寄せ付けず、今もなおその高い支持が衰えることはありません。
カテゴリ― ルアー
メーカー スミス
メーカー希望価格 1,728円
自重 3. レンジコントロールが出来る:自重がかなりあるため、フォーリングスピードが速く、深場も狙えます。リトリーブ、またトゥイッチとトゥイッチの間隔の取り方、さらにロッドティップの位置等によりさまざまなレンジで使うことができます。 4. 飛ばせる:50mm、63mm、72mmのいずれのタイプとも、やや後方固定重心の為、ブレることなく従来サイズのルアーを遥かに凌ぐ大きな飛距離が得られます。 向かい風の時はその自重のありがたさがわかります。 <br> 1. 微速領域に移行する慣性スライド:これは通常のフローティング、シンキングミノーにはない世界。 既存のミノーの場合、トゥイッチなどで 動→止→動→止 を繰り返します。「止」の時に浮力(シンキングでも姿勢を立て直す浮力がある)で姿勢を立て直そうとし、前には進まず、結果として「止まる」ことになります。 D-CONTACTはその自重ゆえ、慣性の法則で姿勢を立て直そうとしながらもねじれ進みます。これが慣性スライドです。その後微速領域に移行します。動→慣性スライド→動→慣性スライド の連続の中、魚は「動」で誘われ、スピードの緩んだ、しかし動きのある慣性スライドから微速領域の時をバイトチャンスとして認識します。 これは鳥・獣が獲物を捕らえる時を見ても同様のものが感じられます。
フック フック:D-コンタクトフック #12
 

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

クチコミ依頼

PageTop