八景沖でアジパニック!赤いアイツもムニムニッと登場。の巻

みなさん、こんにちは。
ぐっちーです。

暑さがやわらいだとは言え、日差しがやばいっすね~。ジリジリっと肌が焦げている今日この頃。社内からは「マジキモイ」と好評の焼け方をしています。

時計焼け、後悔先に立たず(お見苦しくてスミマセン)

そんで夏も終盤?の8月末、お誘いをいただき八景島にて五目仕立船に乗ってまいりました。釣行時間はAM8:00~PM13:00沖上がりの半日ちょい。

メインはコマセでのアジ狙いなのですが、今回は五目の文字通り「5種の魚」を狙ってみます!

予定としては、
・アジ
・シロギス
・トラギス(外道でもカウント)

・泳がせでマゴチ、ヒラメとか
・赤いアイツ(後述)

↑という夢を見ておりました。


三喜丸さんはビギナーにもオススメ!

今回お世話になったのは横浜の八景島駅から徒歩5分くらいにある三喜丸さん。船長さんが優しく、釣りが初めての方にもさりげなくアドバイスをしてくれる船宿さんです。出船前に釣りのレクチャーをしてくれるので安心して沖に出れます。

10名以上の団体でも広々と問題なし!
船内も広く、酔ったときはここでゲロれば休めますね

仕立船なのでちょいと横着。沖に出る間に第3のビールをプシュッと。
夏の欲望にただ従うのみ。


アジのアタリが止まらへん

船を走らせること約10分、さっそく福浦岸壁沖あたりのポイントに到着。
アジ釣りと評しながら、シロギスがとにかく釣りたかったので「胴付き仕掛け+青イソメ」でスタート。

オモリは20号以上で
ダイソーの木箱に入れておくと1週間くらい生きている青イソ氏。もはやカワイイ。

「いや~釣れっかな~」とか言いながら、隣で竿を出していた釣りビギナーのA木氏。しかし棚を合わせると同時に一投目で「プルプルッ」とアタリが!

初心者でも1投目で簡単にゲット!

しっかり棚を合わせるとごらんのとーり。僕が狙っていた底のほうにも・・・アジがウジャウジャ!

この型が連発でヒット。たまに尺上の大物も混じる。

釣れるのはいいんですが、釣り人って贅沢なもんで、アジばっかり釣れると飽きてくるものです。人の底なしの欲望ときたら怖いのなんの。こうなると他の魚が見たかったり・・・。しかしどんな誘い方をしても釣れるのは・・・アジアジアジアジ・・・!

こいつぁ、エギで「赤いアイツ」を狙えという神のお告げに違いない。
アーメン。やったるぜ。


例の軟体生物を狙ってみると・・・?

魚を狙うとアジしか反応がないので、東京湾で激湧きしていると噂の「赤いアイツ(マダコ)」を狙ってみます。
船長さんに聞いてみると「まぁこのポイントにも全然いると思うよ。1か月前よりはだいぶ減っちゃったみたいだけどね。」とのこと。

タコエギは3.5号、水深もないのでオモリは20号を使用。フックにザリガニ型ルアーをぶっ刺してみる。

スナップとサルカンを使ってタコエギにオモリを固定してます。遊動式のオモリも試してみましたが、こっちのほうが底を確実に引いてこれるっぽいっす。

マダコ釣りには過去何度か行っているのですが「まわりが爆釣するなか、自分はノーヒット」という経験を何度か経験してしまった僕にとってはトラウマの釣りモノです・・・。

されどこの日は違ったのであります!!!

底からタコエギを離さず竿先だけでピョコピョコとアクションしていると、

「ムニ」

というあの感覚が!エギに乗ったかな?と数秒待って、親の仇のように鬼アワセしてやると・・・キタヨ、キタヨ!!

ちなみ船長さんに言われたのですが、タコの口のほうを持つと噛まれることがあるらしいので要注意です。(上の写真の持ち方はNG)
カニや貝を砕いてしまうパワーの前では人の手など無力。マジで要注意です。

1杯目がわりとあっさり釣れたので続けてやっていると・・・あれ?これまたムニってないか?あ、ついてんな。

オラオラオラオラ!ゴリ巻きじゃい!

今日のタコ運は我にあり!!!

キロはないですが、食べごろの美味しそうなマダコくんでした。
ちなみに僕だけかもしれませんが、海中からタコが足を広げて上がってくる画って怖くないですか・・・?こっちが食われんじゃあないかと。個人的にあの「ゾワッと感」を味わえるのが、タコ釣りの醍醐味だと思ってます。(もちろん食って旨いのも良し)

そんなこんなでタコ釣りに時間を溶かし、当初の目的であった5種目狙いを忘れる始末。残り2時間を胴付き仕掛けでシロギスやトラギスなどを狙いに変えてみたのですが、時すでに遅し。ちなみにアジは終始釣れ続けましたが、キスっぽいアタリもなく時間だけが過ぎていく・・・。

最終的にマダコを追加し、
・アジ×20~25(途中からリリースしたので数えてない)
・マダコ×3

で終了~。
無念の2種目でフィニッシュ・・・”(-“”-)”

船宿でのかき氷の差し入れがありがてぇ

「シーサイド・スパ八景島」は釣り人にこそオススメしたいオアシス

今回は贅沢にも釣ったアジを持ち込みで料理してもらおうというお話。
三喜丸さんから歩いて5分くらいの場所にある「シーサイド・スパ八景島」は魚の調理+入浴料で2,000円(税抜)という破格のお値段!!
※「釣りパック」というプランでの予約が必要になりますのでご注意を!
http://www.seaside-spa.com/publics/index/18/

車で来ていなければ気兼ねなくお酒も飲めちゃうのでとってもオススメです。温泉は露天風呂もついてゆったりとできるかんじ。 海洋泉のお湯が日焼けした肌に染みる感じがたまんないんっす。

電車で来ていた僕は遠慮なく「メガビール」を注文!

もはやビールになりたい
アジのお造り。脳が旨味を感じるまで光速。
トドメのアジ天。塩は付けなくてもフワフワで激ウマ。

※ちなみにタコの調理はやってもらえないのでご注意を!ぬめり取るのとかめんどいもんね、タコ。。。
完全にタコの口になってしまっていた我々は、メニューにあったタコカラアゲを食らってやりましたよ。

外カリ、中はやわらかくビールが吸い込まれる

そんなこんなで大満足の釣行だったわけであります。

普段は少々ストイックな釣りをしていることもあり、今回は温泉まで入ることができて超楽チンでした!もはや釣場に泊まって次の日の朝イチでもう一回いきたいくらい。

たまにはゆる~く、【釣り+温泉】のお手軽フィッシングいかがでしょうか??


ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to top