【ちょい飲みレポート】第2回 〜大アサリ編〜

お酒大好きツリグラスタッフの肴に合うお酒をご紹介!今回は「大アサリ」に合うオススメのお酒をご紹介します。

【他のちょい飲み記事はこちら】
第1回ちょい飲みレポート「イカ刺し編」
第2回ちょい飲みレポート「大アサリ刺し編」
第3回ちょい飲みレポート「つぶ貝編」

「大アサリ」とは

正式名称は「ウチムラサキガイ」と呼ばれ、貝の裏側が紫色なのが特徴的です。水深10メートルの所に生息しているため残念ながら潮干狩りではお会いできません。しかし関東ではホンビノス貝のことも大アサリと呼ぶことがあり、こちらは潮干狩りでもゲットできる身近な貝です。アサリには肝臓機能を上げてくれる「ビタミン12」が多く含まれているので、酒飲みには定番&ありがた〜い肴ですね!

いただいたのはこちらの「大アサリの炭火焼」

ハマグリサイズの大アサリを炭火焼で焼いた一品。焼いていただいたことで香ばしく、旨味が凝縮されていました。お味噌汁でよくみるアサリと違って大きさがあり、プリッとした食感は食べ応えあります。炭火で焼くうちに溢れでる貝汁は貝の旨味を含んでとても美味!こぼさないようにソーっといただきます。

そんな絶品大アサリにぴったりのおすすめお酒はこちらの2つ▽

おすすめのお酒その1「十四代 本丸 秘伝玉返し」

口に含むと上品な甘さが口に広がり、それでいて甘ったるくもない。引っ掛かりが全くない極上の飲みやすさでした。すっきりとしたクリアなお味のため、どんなお料理にも合わせやすいお酒かと思います。

おすすめのお酒その2「太平海1314」

まるでワインかのようなおしゃれなラベルの太平海1314は、アルコール「13度」の原酒と「14号酵母」からのネーミングとのこと。低アルコールでありながら、柔らかい甘みとほのかな酸味がしっかりと感じられるお酒です。

熱々の大アサリによく冷えた日本酒は相性抜群です。冷やした白ワインもこれからの季節合いそうですね。潮干狩りのシーズンは4月〜6月と残りわずか。暑くなる前に、潮干狩りいかがでしょうか。

【他のちょい飲み記事はこちら】
第1回ちょい飲みレポート「イカ刺し編」
第2回ちょい飲みレポート「大アサリ刺し編」
第3回ちょい飲みレポート「つぶ貝編」